TOP

過去のイベント


研究会発足記念(第一回研究会)

公開シンポジウム「フレキシブル医療IT」


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:独立行政法人 科学技術振興機構
   JST ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時 平成25年10月15日(火曜日)13時~17時30分
会場 東京大学 弥生講堂 一条ホール
113-8657 東京都文京区弥生1丁目1−1
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩1分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩8分
参加費 無料 (要・参加申し込み。先着順。定員150名。)

プログラム
染谷隆夫(東京大学大学院工学系研究科)
生体調和エレクトロニクスとフレキシブル医療IT

日本では本格的な少子高齢化時代の到来を迎え、ヘルスケア・医療分野におけるエレクトロニクスの重要性は年々増している。ところが、ヘルスケアや医療用途のセンサや電子回路は硬い電子素材で作られてきたので、生体との親和性が良くない。筆者らの研究グループでは、柔らかい電子素材を活用することによって、柔らかい電子素材で人との親和性が高いエレクトロニクスの実現を目指している。最近、厚さ1μm級の高分子フィルム上に、有機トランジスタ、有機LED、有機太陽電池を製造することに成功し、世界最薄・最軽量を達成した。これによって、世界最小曲げ半径(5μm以下)を達成するなど、有機デバイスの驚異的な柔軟性を実証した。さらに、有機デバイスの軽量性・薄型性・柔軟性を活用して、装着感のない筋電計測シートなどの開発に成功した。本講演では、超薄型の有機デバイスの技術詳細と、そのヘルスケア・医療分野における応用可能性について述べる。

平田雅之 (大阪大学大学院医学系研究科)
埋込型ブレインマシンインターフェースによる脳機能支援
~患者の頭蓋・脳形状にフィットする埋込医療機器~

私たちはブレインマシンインターフェース技術を用いて、脳表面から直接計測した高精度の脳波を解読してロボットアームや意思伝達装置を操作 する技術の開発に成功しました。こうした技術を在宅で長期間利用できるようにするため、現在ワイヤレス体内埋込装置の開発をおこなっていま す。将来埋込医療機器においても患者個々人の特性に合わせたものが要求されるとの考えのもと、この装置では患者個々人の脳表面形状にフィット する多チャンネル脳表電極や個々人の頭蓋形状に合わせた人工頭蓋骨兼用体内埋込ケーシングを開発しました。

小谷卓也(日経BP社日経ヘルスケアデジタルヘルス)
デジタルヘルスを産業に ~テクノロジーで拓く新市場~

さまざまな要素技術を活用して医療・健康・介護の分野にイノベーションを起こす――。こうした「デジタルヘルス」の分野は、今後の国内産業を牽引する新たな柱となる。これまでの取材などに基づき、実際の現場で起きているムーブメントやポイントとなるキーワード、デジタルヘルス産業化の条件などを紹介する。

小野寺宏(国立病院機構本部北海道東北ブロック研究室)
再生医療のための新技術創出
~インテリジェント細胞足場と臓器透明化技術~

前田龍太郎(産業技術総合研究所)
センサネットワークと省エネ、安全安心への応用

MEMS技術は現在自動車や情報端末のユーザインタフェース向上技術として利用されており、今後はセンサネットワークへの応用が期待されている。本講演では取り付けやすく、バッテリー交換頻度の低いセンサ端末について解説し、省エネや安全安心への応用について紹介する。

太田淳(奈良先端科学技術大学院大学)
CMOSイメージセンサの生体内埋植デバイスへの応用

半導体集積回路技術の微細化に伴い、高性能化が進展しているCMOSイメージセンサは、デジタルカメラ、スマートフォン搭載カメラなどコンシューマ用途から近年バイオ医療用当への応用が進められている。特に小型、高機能、低消費電力などの特徴は生体内埋植イメージングデバイスへの応用が期待される。本講演では、CMOSイメージセンサのバイオ医療応用の最新動向について概観するとともに、生体内埋植デバイスの応用として講演者のグループが進めている人工視覚とマウス脳内埋植イメージングデバイスを紹介する。 講演会終了後、懇親会(17時30分~19時30分)を開催いたします。懇親会の参加費は無料です。


フレキシブル医療IT

第2回研究会

主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:独立行政法人 科学技術振興機構
   JST ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時

平成26年3月17日(月曜日)13時~17時30分(受付開始12時15分)

会場 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール
参加費 研究会会員無料 (要・研究会の参加登録と第2回研究会参加登録。2013年度年会費無料)

プログラム

覚道 崇文 (経済産業省 商務情報政策局 医療・福祉機器産業室 室長)

経済産業省における医療機器産業政策について

政府は昨年6月、日本再興戦略をとりまとめたが、その中では、健康寿命の延伸につながる産業を戦略市場と位置づけており、 医療機器を含めた健康・医療産業の成長を積極的に推進していく方針を打ち出している。経済産業省としては、こうした政府全体の方針を踏まえ、
・医工連携による医療機器開発、
・世界最先端の医療機器開発、
・規制制度に対応した事業環境整備、
・海外の医療機器市場の獲得
を積極的に進めていくこととしている。

桜井 貴康 (東京大学 生産技術研究所)

フレキシブル医療と回路・システム
フレキシブルな有機エレクトロニクスを用いた「おむつセンサー」など、最新の研究開発成果を紹介するとともに、回路・システムとして重要と思われる技術開発に関して議論する。

澤田 和明 (豊橋技術科学大学 電気・電子工学系)

LSIトップダウンプロセスとバイオセンサ技術の融合が目指すマルチモーダルセンシングデバイス

LSI技術とMEMS、センサ、バイオチップとの融合により、かつて不可能であった計測を可能にする技術の誕生の息吹が聞こえます。我々は、LSI技術とバイオセンサ技術の融合による、医療・生体工学の分野に適用可能なバイオイメージセンサを実現し、異分野研究者との連携を通じてイノベーション技術の開発を目指しています。

鈴木 巧   (日本テキサス・インスツルメンツ株式会社)

ヘルスケアのトレンドとTIの低消費電力化技術

ヘルスケア健康機器は、世界的な高齢化、医療費の上昇及びそれに伴う予防医療・生活習慣病予防意識の高まりを背景に安定した成長が見込まれます。それと同時に、機器の更なる小型化、ワイヤレス化もより加速されると予想されます。
そのような機器の開発には、使用するデバイスの低消費 電力化・小型化が必須となります。本日は、TIの低消費電力化技術とヘルスケア向けのデバイスについて、その概要をお話しさせていただきます。

根東 義明   (日本大学医学部社会医学系 医療管理学分野)

思考過程を情報化する医学医療情報システムへの挑戦

医学医療における情報は多岐にわたり、その膨大な情報を活用し、質の高い医療を実践するためには、思考過程から始まる情報管理の方法論を確立することは大変重要である。
私は、これまでの小児科医としての臨床と医療情報学研究の両分野での経験から、時間軸を基盤とする思考過程の情報化ツールとして、電子カルテの構築研究を進めてきた。その成果と今後の課題について概説する。


フレキシブル医療IT

第3回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時

平成26年6月18日(水曜日)13時~17時(受付開始12時15分)

会場 東京大学 本郷キャンパス 工学部新2号館 4階 電気系講義室241
参加費 研究会会員無料 (要・研究会の参加登録と第3回研究会参加登録。)

プログラム

塚田 信吾 (日本電信電話株式会社 物性科学基礎研究所)

機能素材hitoeの開発及び実用化について

東レ株式会社とNTTは共同で,ナノファイバー生地に導電性ポリマー(PEDOT-PSS)をコーティングする事で,柔軟性・親水性・通気性・生体適合性・耐久性に優れた機能性素材”hitoe”を開発しました。“hitoe”を使用した生体情報計測用ウェアを着用することによって,日常生活のさまざまなシーンにおいて心拍数や心電波形などの生体情報を快適かつ簡単に計測できるようになります. 。

関谷 毅(大阪大学 産業科学研究所)

ウルトラフレキシブル有機集積回路を用いた医療用センサの開発

新しいエレクトロニクスの潮流として日々発展を続けるフレキシブル有機エレクトロニクスに焦点をあて、これを用いた生体計測の現状と課題、将来展望を紹介いたします。特に、1ミクロンフィルム上に作製した生体計測センサの作製、電気的・機械的性能、心電や筋電などの生体計測の事例について紹介いたします。

杉本 真樹 (神戸大学大学院 医学研究科 消化器内科)

ウェアラブルと3Dプリンティングによる医療インタラクションデザイン

近年医療情報を直感的に入出力できるツールとしてウェアラブル技術や3Dプリンティング技術が注目されている。このさらなる普及と発展にはインタラクションデザインが重要であり、ユーザビリティやユーティリティの優れたシステムが要求される。本講演ではこれらの医療現場での実践を交え、我々が開発した生体の質感を再現する技術であるBIOTEXTUREⓇによりもたらされた、医療インタラクションデザインを紹介する。

尾股 定夫   (日本大学工学部 次世代工学技術研究センター)

カフなし連続血圧計の開発とウエラブルデバイスへの応用展開

本研究では、世界に先駆けて血圧をカフ(圧迫帯)無しで連続測定できる基本原理の開発に成功した。これは先に開発した位相シフト法で光センサ素子を駆動し、非侵襲的に拍動をセンシングして血圧に変換する新しい計測技術によって脈波から血圧に変換するシステムを実現した。本デバイスはリアルタイムに一拍ごとの血圧を測定して連続的に表示できるようにチップ化され、携帯電話や遠隔医療にも容易に応用展開できる可能性を持つ。


フレキシブル医療IT

第4回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時

平成26年10月15日13:00-17:40

会場 東京大学 弥生講堂 一条ホール
113-8657 東京都文京区弥生1丁目1−1
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩1分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩8分
参加資格

研究会会員で、第4回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。)

参加費

無料


プログラム

阿南 愛(ヤフー株式会社 パーソナルサービスカンパニー ヘルスケア企画部)

ヤフーが身体データから創るサービスとは

日本の医療費は2025年に52兆円に達する見通しです。この課題を解決するには、病気にならないよう予防することが肝要です。センサーやデバイスやゲノム解析技術の発達により、ライフログや体質が安価かつ簡単に収集できるようになりました。
多くの人のデータを統計学的に解析することにより、それぞれの体質に合った健康維持のコツを見出そうとするヤフーの実験的サービス「HealthData Labプロジェクト」についてお話します。

時任 静士(山形大学 有機エレクトロニクス研究センター)

スマート有機バイオセンサを目指した基盤技術研究

近年、医療・介護費の膨張と労働人口の減少は我が国の深刻な社会問題となっている。如何にして健康な肉体や精神で長寿を全うできるかが大きな課題である。本講演では、健康長寿に貢献するヘルスケア用バイオセンサの実現を目指した基盤技術研究について当研究グループの最近の取り組みと成果を紹介する。具体的には、分子技術を用いたバイオセンシング技術、有機トランジスタ構造をベースにした有機バイオセンサ、および関連する技術として、印刷法を用いた有機トランジスタ作製技術と集積回路応用について紹介する。

伊福部 達(東京大学 高齢社会総合研究機構)

福祉IT機器の捉え方 -ヒトの潜在能力を生かす-

超高齢化と高度IT化の社会に向けて、人々の快適な暮らしのため工学にできることは何か?失われた感覚や身体機能をテクノロジーで支援する「福祉工学」を40数年にわたり携わっていた経験に基づき、ヒトや身近な動物たちが持っている不思議な能力の「ナゾ解き」から、ヒトの潜在能力を引き出す「モノ作り」に至る過程を述べ、超高齢社会で必要なグランドデザインをICTやIRTで構想する国家プロジェクトを紹介したい。

関野 正樹(東京大学大学院 工学系研究科)

フレキシブルデバイスによる生体情報計測とイメージング

体内埋め込み型の医用デバイスに,柔らかいフィルム状のセンサや電子回路の技術を応用することができれば,脳や心臓などの臓器にデバイスを密着させて,高感度・高分解能での生体信号計測や,ピンポイントの刺激が可能になります.そのような新しいデバイスによって,医療における課題が解決される可能性や,動物実験による基礎研究の事例について,紹介します.

フレキシブル医療IT

第5回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時

平成27年3月19日13:10-17:00

(17:00-名刺交換会)

会場 東京大学 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール
参加資格

研究会会員で、第5回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。)

参加費

無料


プログラム
網盛 一郎 (東京大学大学院 工学系研究科)
インターフェースグループでは、ERATOプロジェクトの成果の社会実装(産業化・実用化)を、「アカデミアから産業に移管する」のではなく「自ら主体的に社会実装する」という考え方で進めている。そこで現在開発中のE-SKIN(R)を題材に、新しい産学連携の形を紹介し、フレキシブルエレクトロニクスの将来の展望を述べたい。

鈴木 琢治 (㈱東芝 ヘルスケア社ヘルスケア開発センター)

ウェアラブルセンサなどを用いて日常生活下でさりげなく生体情報をモニタリングし、健康管理、予防医療を行うスマートヘルスケアの世界が今後広がることが期待される。
そこで扱われる生体情報の要求仕様、及び生体センサに求められる要求仕様を解説するとともに、これらを取得する一例として開発したウェアラブル生体センサSilmeeなど、東芝の扱う生体センサ、およびその応用について紹介する。

渡會 公治 (帝京平成大学大学院 健康科学研究科)

体育と医学と両面から人の身体を見て気づいたことは、上手に身体を使わないから障害が起こるということであった。美しく立てば足腰の痛みが治るように、上手に身体を使うことが根治療法となる。ここでは、私の経験の原点である真下投げの発見から、膝痛、腰痛が美しく立ち動けばよくなるということを示す。身体の構造の理解と構え、姿勢の違いを分からせることがノウハウである。そのためのウエアラブルの装具、機能下着を開発した。

照井 正 (日本大学医学部皮膚科学分野)

皮膚科診療では問診後に視診と触診を行い臨床診断し、必要があれば血液・画像検査、病理組織検査を行います。視診と触診での客観的な評価法は確立されていません。評価項目は色調、硬さ、皮疹の数や大きさ・面積などです。皮膚の深部評価は病理組織診断が主です。超音波検査は解像度が低く有用性は限定的です。非観血的な診断が理想的です。皮膚の構造と主な疾患を説明し、必要を感じている計測・観察機器について概説します。

講演会終了後、懇親会(17時00分~18時30分)を開催いたします。懇親会の参加費は無料です。

申込方法:

1) 参加には事前登録が必要です。2015年1月9日より研究会HPから事前申し込みを受け付ける予定です。

2) 第5回研究会へのご参加には、「フレキシブル医療IT研究会」への会員資格が必要となっております。下記「会員募集」より会員申込(法人および個人)を行ってください。ご登録1件あたり2名の研究会ご参加が可能です。

フレキシブル医療IT

第6回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時

平成27年7月6日13:10-17:00 (12:15受付開始)

会場 東京大学 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール
参加資格

研究会会員で、第6回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。6月10日に受付開始予定です。)

参加費

無料


プログラム

高宮 真(東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター)

フレキシブルヘルスケアデバイス向けのエネルギー供給技術

フレキシブルヘルスケアデバイスには「身につけても煩わしくない小型・フレキシブルさ」と「毎日充電のよう な保守不要性」が求められているが、実用上の課題の一つがエネルギー供給である。そこで、本講演では「おむつ用ワイヤレス尿漏れ検出センサシート」「踏んで発電する靴の中敷き型万歩計」「音で発熱を知らせる腕章型発熱アラーム」などの開発事例を題材として、フレキシブルヘルスケアデバイス向けの無線給電・エネルギーハーベスティング技術の最新動向を紹介する。

杉本 晃(株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング)

製造販売承認を受けた細胞治療の現状と法規制について

京都大学の山中先生のiPS細胞の発見と2012年ノーベル医学・生理学賞の受賞で、これまで以上に関心が高まった再生医療ですが、海外では多くの再生医療製品が国の承認を受けているのに対して、我が国では製造販売承認を受けているのは2品目だけです。今回はこれらの再生医療製品がどのように開発され医療現場で使用されているかのご紹介と、最近大改正が行われた再生医療製品に関する法規制の現状についてお話しさせていただきます。

坂田 一郎(東京大学工学系研究科/東京大学政策ビジョン研究センター)

情報工学を用いた技術の潮流の把握や萌芽の予測

今日、学術や産業技術に関する情報が爆発的に増加し、また細分化が進んだことに伴い、T-Plan法等の従来型の手法だけでイノベーションのマネジメントを行うことは困難となっており、有用な知識の「埋没現象」が生じている。そこで、ネットワーク分析や機械学習等の技法を用いて、潮流の把握、萌芽技術の予測、関連性の高い社会課題と技術シーズの特定等を行うシステムを開発した。超高齢化社会とロボット等の事例を含めて紹介する。

前田 博己(大日本印刷株式会社)

大面積圧力センサの開発


フレキシブル医療IT

第7回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時 平成27年11月9日(13:00-17:00 (12:15受付開始)
       17:00-18:30  名刺交換会(飲み物、軽 食を用意しております)
会場 東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂 一条ホール
113-8657 東京都文京区弥生1丁目1−1
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩1分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩8分
参加資格

研究会会員で、第7回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。受付期間は10月13日-11月5日です。)

参加費

無料

プログラム

酒井 真理(東京大学大学院 工学系研究科)

布地にプリントできる世界最高導電率の伸縮性導体

微細な伸縮性導体のパターンを布地に作製できる新しい導電性インクを開発した。この伸縮性導体は、元の長さの3倍以上伸張させても高い導電性を維持する。この伸縮性導体インクを用いると、簡単に装着できるテキスタイル型ウェアラブル電子デバイスを作成できる。例えば、体に密着する衣服の裏に電極を、表に電極と接続する配線をプリントするだけで筋電センサーを作製できる。テキスタイル型の生体情報センサーをプリントするだけで簡単に作製できるようになり、スポーツ、ヘルスケア、医療におけるさまざまな応用が期待される。

石原 健一(帝人株式会社 新事業推進本部 環境エネルギー・先端素材事業推進班)

帝人ポリ乳酸BIOFRONT ® と圧電ファブリックのご紹介

ポリ乳酸は、植物由来の素材として注目を集めてきた。しかし、汎用樹脂と比較すると高価格、性能が劣る、環境面のアピールが長続きしない課題があり、需要量が増加していない。
そこで、帝人では、ポリ乳酸の特異な機能を生かした製品開発を行い、一つとして、ポリ乳酸の圧電性を生かした圧電ファブリックの概要と今後の展開案を説明する。
また、帝人独自素材であるステレオコンプレックスポリ乳酸、環状カルボジイミドも紹介する。

石丸 園子(東洋紡株式会社 総合研究所 コーポレート研究所 快適性工学センター)

着心地を考慮したスマートセンシングウェア™

生体情報計測ウエアに適した機能性素材「COCOMI(心美)™」について紹介します。「COCOMI(心美)™」は、当社独自の導電材料を使ったフィルム状の機能性素材です。生体情報計測ウエアのセンサー用電極・配線材として用いることで、自然な着心地と精度の高い情報収集を実現します。本技術の一部は、文部科学省の「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)拠点」事業の「運動の生活カルチャー化により活力ある未来をつくるアクティブ・フォー・オール拠点」に参画し開発したものです。

朽名 夏麿(エルピクセル株式会社 研究開発本部)

バイオ画像解析のための人工知能技術の応用と展開

可視化技術や撮像法の発達にともない、バイオ画像の多様化と大規模化が進んでいる。 しかしバイオ画像の特色とも言える多様性と多目的性ゆえ、解析を多方面からサポートするソフトウェア環境の普及活用は未だ不十分である。 多量のバイオ画像群に対して適応的・自動的な分類を実現するために人工知能技術を活用したアプローチとして発表者が取り組んでいる能動学習による分類手法を中心に紹介する。

本田 卓(独立行政法人 工業所有権情報・研修館)

フレキシブル医療IT WG報告(第一次調査結果)

講演会終了後、名刺交換会(17時00分~18時30分)を開催いたします。名刺交換会の参加費は無料です。

申込方法:

1) 参加には事前登録が必要です。

2) 第7回研究会へのご参加には、「フレキシブル医療IT研究会」への会員資格が必要となっております。下記「会員募集」より会員申込(法人および個人)を行ってください。ご登録1件あたり2名の研究会ご参加が可能です。

フレキシブル医療IT

第8回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時 平成28年3月2日(13:00-17:00 (12:15受付開始)
       17:00-18:30  名刺交換会(飲み物、軽食を用意しております)
会場 東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館4階241講義室
113-8657 東京都文京区本郷7丁目3−1
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩5分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩10分
参加資格

研究会会員で、第8回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。受付期間は2016年1月25日からを予定しております。)

参加費

無料

プログラム

13:00~13:05

開会のあいさつ

13:05~13:55

プリンタブルなフレキシブル体温計

伊藤 章(東京大学大学院 工学系研究科 特任研究員)


13:55~14:45

立ち上がりが期待されるフレキシブルエレクトロニクス

藤浪 啓(野村総合研究所コンサルティング事業本部ICT・メディア産業コンサルティング部 グループマネージャー 上級コンサルタント)

 

14:45~15:00

休憩

15:00~15:50

脳と暮らしをつなぐ:brain-computer interface(BCI)とその先

加納 慎一郎(芝浦工業大学 工学部 電子工学科 准教授)

15:50~16:40

WG分科会活動報告

川島 伊久衞(株式会社リコー)

中村 隆一(凸版印刷株式会社)

池田 宗和(東レエンジニアリング株式会社)

16:40~16:50

事務局案内

17:00~

名刺交換会

講演会終了後、名刺交換会(17時00分~18時30分)を工学部2号館3階電気系会議室1A~1Cにて開催いたします。 飲み物、軽食を用意しております。こちらへも是非ご出席ください。 参加費は無料です。

申込方法:

1) 参加には事前登録が必要です。

2) 第10回研究会へのご参加には、「フレキシブル医療IT研究会」への会員資格が必要となっております。下記「会員募集」より会員申込(法人および個人)を行ってください。ご登録1件あたり2名の研究会ご参加が可能です。

フレキシブル医療IT

第9回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時 平成28年7月13日 (13:00-17:00) (12:15受付開始)
会場 東京大学 本郷キャンパス 小柴ホール (理学部第1号館中央棟2F)
113-8657 東京都文京区本郷7丁目3−1
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩10分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩6分
参加資格

研究会会員で、第9回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。受付期間は2016年1月25日からを予定しております。)

参加費

無料

プログラム

13:00~13:05

開会のあいさつ

13:05~13:55

フレキシブル有機光デバイスを用いた生体情報センシング

横田 知之(東京大学大学院 工学系研究科 講師)

13:55~14:05 WG活動概要

酒井真理(東京大学大学院工学系研究科)

14:05~14:30 WG技術調査報告

本田卓 (独立行政法人 工業所有権情報・研修館)

14:30~16:00 (14:55~15:10 休憩)

WG分科会活動報告

川島 伊久衞(株式会社リコー)

中村 隆一(凸版印刷株式会社)

池田 宗和(東レエンジニアリング株式会社)

16:00~16:50

経済産業省における医療機器産業政策について

土屋 博史(経済産業省商務情報政策局医療・福祉機器産業室 医療・福祉機器産業室長)

16:50~17:00

事務局案内

申込方法:

1) 参加には事前登録が必要です。

2) 第9回研究会へのご参加には、「フレキシブル医療IT研究会」への会員資格が必要となっております。下記「会員募集」より会員申込(法人および個人)を行ってください。ご登録1件あたり2名の研究会ご参加が可能です。

フレキシブル医療IT

第10回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時 平成28年10月25日 (13:00-17:00) (12:15受付開始)
会場 東京大学 弥生講堂 一条ホール
113-8657 東京都文京区弥生1丁目1−1
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩1分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩8分
参加資格

研究会会員で、第10回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。受付期間は2016年9月25日からを予定しております。)

参加費

無料

プログラム

13:00~13:05

開会のあいさつ

13:05~13:55

先端ICT医療機器BANの国際連携研究開発/グローバルビジネス/薬機法承認

 -かながわ医療機器レキュラトリーサイエンスセンターの実績と今後-

河野 隆二(横浜国大学 未来情報通信医療社会基盤センター・センター長/かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスセンター・センター長/横浜国立大学大学院 工学研究院 電気電子と数理情報分野・教授/フィンランド・オウル大学・Distinguished Professor/フィンランド・オウル大学日本研究所CWC-日本(株) ・CEO)

先端情報通信技術(ICT)を活用した医療機器の代表として、無線ボディエリアネットワーク(BAN)は、 ICTやセンサなどの産業界が医療、介護、福祉分野に進出する上で、最も市場規模、ビジネスの点 で関心が高い。本講演では、無線BANの産学官連携による研究開発からグローバルビジネス、薬機法 承認について、詳細に解説する。神奈川県受託事業「かながわ医療機器レキュラトリーサイエンスセンター」 の活動も紹介する。


13:55~14:45

細胞外Ca2+イメージングに向けた大面積シート状イオンセンサー 

石割 文崇(東京工業大学科学技術創成研究院化学生命科学研究所)

細胞外Ca 2+ イオンは様々な疾病の指標となるほか、神経系における情報伝達物質であることが近年明らかとされた次世代の観測ターゲットである。そのような細胞外Ca 2+ イオン濃度を検出可能な、体内埋め込み型の大面積なフレキシブルデバイスが開発できれば生理学的・病理学的にも重要なツールになり得る。講演では最近開発した、デバイスとも一体化可能なゲル状のCa 2+ イオンセンサーの合成法や性能について紹介する。

 

14:45~15:00

休憩

15:00~15:50

スポーツ・ダンス・音楽演奏のスキルを測る

工藤 和俊(東京大学大学院情報学環・学際情報学府)

運動と感覚は表裏一体であり、優れた動きの背景には優れた感覚が存在する。近年目覚しく発展した遠隔計測技術により一流パフォーマーの視線、筋活動、心 拍、発汗など多様な生体情報を同時計測することにより、動きの背後にある感覚に迫ることが可能になりつつある。本講演では、相撲、スキー、テニス、野球、 カーレースなど多くの種目における生体情報を読み解く過程を通じて、一流選手の内的感覚に迫る試みを紹介する。

15:50~16:40

スポーツ・ヘルスケア分野商品開発のリスクマネジメント

吉岡 孝文((株)住化分析センター クライアントサービス本部 工業支援事業部 医療機器グループ)

スポーツ・ヘルスケア等のウェアラブル機器では、目的とする機能の評価と同時に、人(接触部位等) へ与える影響についても留意する必要があります。 本講では、医療機器のリスクマネジメントの基本的な考え方に基づいて、生物学的安全性評価の国 際的な規格であるISO 10993シリーズをベースに評価項目の選択や試験の具体例を紹介します。 併せて、近年注目を集めている材料の化学的キャラクタリゼーションについても紹介します。

16:40~17:10

第3次調査WGの報告

申込方法:

1) 参加には事前登録が必要です。

2) 第10回研究会へのご参加には、「フレキシブル医療IT研究会」への会員資格が必要となっております。下記「会員募集」より会員申込(法人および個人)を行ってください。ご登録1件あたり2名の研究会ご参加が可能です。

フレキシブル医療IT

第11回研究会


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト

開催日時

平成28年12月22日 (13:00-17:15) (12:15受付開始)

       17:15-19:00  名刺交換会(飲み物、軽食を用意しております)

会場

東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル5F

武田ホール

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
113-8657 東京都文京区弥生2-11-16
東京メトロ 東大前駅(南北線) 徒歩9分、東京メトロ 根津駅(千代田線) 徒歩4分

参加資格

研究会会員で、第11回研究会参加登録をされた方。

(法人会員登録1件につき2名までの参加登録が可能です。受付期間は2016年11月11日からを予定しております。)

参加費

無料

プログラム

13:00~13:30

開会のあいさつ

染谷 隆夫

13:30~14:00

ワーキンググループ報告(スポーツ班)

川島 伊久衞(株式会社リコー)


14:00~14:30

ワーキンググループ報告(医療・ヘルスケア班)

田村 祐一(株式会社SCREENホールディングス)

 

14:30~15:00

ワーキンググループ報告(介護・福祉班)

中村 隆一(凸版印刷株式会社)

5:00~15:15

休憩

15:15~16:05

企業紹介(10社程度

16:05~17:05

障害児の社会参加と義肢装具診療

芳賀 信彦(東京大学大学院医学系研究科リハビリテーション医学分野)

国連の「障害者の権利に関する条約」では、「社会に完全かつ効果的に参加し、及び社会に受け入れられること」が原則として規定されています。障害児も将来の自立生活を見据えて社会参加する権利を持ちます。そのために様々な義肢装具が用いられており、医工連携による進歩は社会参加をより一層進めると考えられます。四肢形成不全と二分脊椎という2つの障害を例に、社会参加を見据えた義肢装具診療についてお話しします。

17:05~17:15

事務局案内

17:15~19:00

名刺交換会(軽食有)

申込方法:

1) 参加には事前登録が必要です。

2) 第9回研究会へのご参加には、「フレキシブル医療IT研究会」への会員資格が必要となっております。下記「会員募集」より会員申込(法人および個人)を行ってください。ご登録1件あたり2名の研究会ご参加が可能です。


フレキシブル医療IT

公開特別講演会          !参加無料!

「医療へ!福祉へ!スポーツへ!発展する生体計測」


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト
チラシはこちら

開催日時 平成29年4月13日 (13:30-18:00) (12:45受付開始)
会場

東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル5F

武田ホール

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
東京メトロ 東大前駅(南北線)徒歩9分、東京メトロ 根津駅(千代田線)徒歩4分

参加資格 下記より公開特別講演会の参加登録をされた方。
(どなたでもご参加登録いただけます。受付期間は2017年4月9日までです。)
参加費 無料

プログラム

特別講演

天谷雅行 (慶応義塾大学病院皮膚科 教授/理化学研究所 統合生命医科学研究センターチームリーダー)
皮膚恒常性維持機構とアレルギー性疾患


近年、何らかのアレルギー疾患を有する人の数が増えている。アトピー性皮膚炎のみならず, 喘息, 食物アレルギー, アナフィラキシー等のアレルギー疾患は, 外来抗原に対して経皮感作することから始まることが明らかになってきた。しかし、皮膚バリアが簡単に免疫系を刺激しないように機能している。角層バリアとタイトジャンクションバリアの恒常性維持機構と免疫の関わりに関して、当日は最新知見を含めて概説したい。

染谷隆夫 (東京大学大学院工学系研究科 教授)
フレキシブル生体情報センサーの産業化加速に向けた取り組み

-デバイス評価キットの配布でアプリケーション開拓を開始-

田中賢 (九州大学先導物質化学研究所 教授/山形大学有機材料システム研究推進本部 ソフトバイオマテリアル研究センター長)
生体親和性ソフトバイオマテリアルの創成と製品化
-中間水コンセプトによる材料設計-

伊藤浩志 (国立スポーツ科学センター 研究員)
競技スポーツにおけるテクノロジー利用の現在地

畑克彦 (バンドー化学株式会社 執行役員 R&Dセンター長)
伸縮性ひずみセンサーC-STRETCHを用いた動作計測と福祉機器応用について

【タイムテーブル】

13:30~14:20 染谷隆夫
14:20~15:10 畑克彦
15:10~15:30 休憩
15:30~16:20 伊藤浩志
16:20~17:10 田中賢
17:10~18:00 天谷雅行
18:00~18:10 事務局案内

たくさんの方にご参会いただき、盛会のうちに終えることができました。ありがとうございました。

フレキシブル医療IT

同日開催 特別セミナー  会員限定(同時入会可)

「フレキシブルセンサの市場ニーズ」
研究会走力結集!市場調査結果を徹底解説


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト
チラシはこちら
開催日時 平成29年4月13日 (10:00-12:30) (9:30受付開始)
会場

東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル5F

武田ホール

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
東京メトロ 東大前駅(南北線)徒歩9分、東京メトロ 根津駅(千代田線)徒歩4分

参加資格 研究会会員で、特別セミナー参加登録をされた方。
(今回に限り、法人会員登録1件につき2名以上の参加登録が可能です。受付期間は2017年4月9日までです。)
参加費 無料

内容

講師:染谷 隆夫(東京大学教授、FMIT研究会主査)

●フレキシブルセンサの市場ニーズ

●スポーツ分野の動向

●福祉・介護の動向

●フレキシブルセンサの技術俯瞰

●ヘルスケア・医療分野の動向

●将来展望

たくさんの方にご参会いただき、盛会のうちに終えることができました。ありがとうございました。

お問合せ


主査
染谷隆夫(東京大学 工学系研究科 教授)

問い合わせ先
フレキシブル医療IT研究会事務局
東京大学大学院 工学系研究科電気系工学専攻 染谷研究室内
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
TEL: 03-5841-6756
FAX: 03-5841-6709
URL: http://www.ntech.t.u-tokyo.ac.jp/fmit/
fmit_office@sogo.t.u-tokyo.ac.jp

追記
本研究会は、東京大学工学系研究科と産業界の連携促進を目的として昭和16年に設立された一般財団法人 総合研究奨励会内に設置された研究会として活動を行っています。総合研究奨励会についての詳しい情報は、ホームページをご覧下さい(http://www.erf.or.jp/index.html)。

関連リンク