メンバー about us

染谷教授・横田講師 メッセージ

染谷教授・関谷准教授 メッセージ

染谷 隆夫教授Takao Someya

ようこそ染谷研究室のホームページへ!

  研究室では、2003年の発足以来、一貫して有機エレクトロニクスの研究に取り組んできました。有機デバイスはプラスチック上に容易に製造できるので、薄くて軽くて曲げても壊れない、叩いても壊れない、耐久性に非常に優れた新しいデバイスとして期待が高まっています。
 現在、我々が力を入れている研究テーマは、有機デバイスのバイオ医療応用です。有機デバイスの柔らかさや有機分子ならではの特異的な機能を生かすことで、生体とエレクトロニクスを調和・融合させ、バイオ有機デバイスともいうべき新しいデバイスの開発を目指しています。特に、世界で最軽量かつ最薄の柔らかい集積回路や発光素子、有機太陽電池の開発に成功しており、これらをウェアラブルエレクトロニクスへの応用を進めています。
 研究室では、30名を超えるメンバーが所属しており、そのうちの約3分の1が外国籍で、研究室の打ち合わせもすべて英語での議論になります。博士研究員や客員研究員の専門分野も電子工学、材料工学、バイオ・医療まで多岐にわたっており、実験と議論を重ねながら、日々、新しい領域を開拓するための研究活動を進めています。分野や業態の垣根を越えた、ダイナミックな研究を行う仲間をいつでも歓迎しています。

染谷 隆夫(そめや たかお)
工学(博士)
東京大学工学系研究科電気系工学専攻 教授

染谷 隆夫 プロフィール

横田 知之講師Tomoyuki Yokota

次世代のエレクトロニクスの実現に向けて、
有機エレクトロニクスをはじめとした、
フレキシブルデバイスに関する研究に
取り組んでいます。

 フレキシブルエレクトロニクスは、従来のシリコンを中心としたエレクトロニクスにはない、機械的なフレキシブル性を有しており、フレキシブルディスプレイや大面積センサといった次世代のエレクトロニクスへの応用が期待されています。特に近年では、その柔軟性から生体・医療のデバイスへの応用が期待されています。研究室では、これらの生体・医療用デバイス応用上で重要である『フレキシブルセンサ』に着眼し、体温付近で高感度を持つフレキシブルセンサや非常に極薄で、皮膚などに装着感なく身につけることができる有機光センサの開発を行ってきました。これらのデバイスを用いることで、生体の微小な温度変化や、脈拍、血中酸素濃度の測定などを実現してきました。

現在横田研究室で精力的に取り組もうと考えているテーマは以下の通りです。
・フレキシブルセンサの開発
・有機集積回路の作製

横田研究室は、有機エレクトロニクスをはじめとしたフレキシブルデバイスの作製を行っている研究室です。研究室では、常に新しいことに『チャレンジ』していくことを重視しています。研究においては、他の研究者が行っていることを真似するのではなく、新しいアイディアをもとにこれまでになかったことを行うことが非常に重要です。研究室では、実際これまでにフレキシブルな温度センサや、極薄膜な有機光センサの開発などを行ってきています。 平成28年度より新しくできたばかりの研究室ですが、チャレンジ精神を持った学生をお待ちしております。見学は随時受け付けておりますので、ご連絡をお待ちしております。

横田 知之 (よこた ともゆき)
工学(博士)
東京大学工学系研究科電気系工学専攻 講師

横田 知之 プロフィール