TOP

ご挨拶

東京大学「フレキシブル医療IT研究会」のホームページにようこそ!

柔らかい電子素材使ったエレクトロニクスのヘルスケア・医療分野における産業応用を目指して、産学連携を促進することを目的として、「フレキシブル医療IT研究会」を設立する運びとなりました。現在、会員を募集しております。皆様の参加をお待ちしております。


研究会主査 染谷隆夫
(東京大学工学系研究科教授)

イベント


フレキシブル医療IT

公開特別講演会          !参加無料!

「医療へ!福祉へ!スポーツへ!発展する生体計測」


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト
チラシはこちら

開催日時 平成29年4月13日 (13:30-18:00) (12:45受付開始)
会場

東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル5F

武田ホール

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
東京メトロ 東大前駅(南北線)徒歩9分、東京メトロ 根津駅(千代田線)徒歩4分

参加資格 下記より公開特別講演会の参加登録をされた方。
(どなたでもご参加登録いただけます。受付期間は2017年4月9日までです。)
参加費 無料

プログラム

特別講演

天谷雅行 (慶応義塾大学病院皮膚科 教授/理化学研究所 統合生命医科学研究センターチームリーダー)
皮膚恒常性維持機構とアレルギー性疾患


近年、何らかのアレルギー疾患を有する人の数が増えている。アトピー性皮膚炎のみならず, 喘息, 食物アレルギー, アナフィラキシー等のアレルギー疾患は, 外来抗原に対して経皮感作することから始まることが明らかになってきた。しかし、皮膚バリアが簡単に免疫系を刺激しないように機能している。角層バリアとタイトジャンクションバリアの恒常性維持機構と免疫の関わりに関して、当日は最新知見を含めて概説したい。

染谷隆夫 (東京大学大学院工学系研究科 教授)
フレキシブル生体情報センサーの産業化加速に向けた取り組み

-デバイス評価キットの配布でアプリケーション開拓を開始-

田中賢 (九州大学先導物質化学研究所 教授/山形大学有機材料システム研究推進本部 ソフトバイオマテリアル研究センター長)
生体親和性ソフトバイオマテリアルの創成と製品化
-中間水コンセプトによる材料設計-

伊藤浩志 (国立スポーツ科学センター 研究員)
競技スポーツにおけるテクノロジー利用の現在地

畑克彦 (バンドー化学株式会社 執行役員 R&Dセンター長)
伸縮性ひずみセンサーC-STRETCHを用いた動作計測と福祉機器応用について

【タイムテーブル】

13:30~14:20 染谷隆夫
14:20~15:10 畑克彦
15:10~15:30 休憩
15:30~16:20 伊藤浩志
16:20~17:10 田中賢
17:10~18:00 天谷雅行
18:00~18:10 事務局案内

たくさんの方にご参会いただき、盛会のうちに終えることができました。ありがとうございました。

フレキシブル医療IT

同日開催 特別セミナー  会員限定(同時入会可)

「フレキシブルセンサの市場ニーズ」
研究会走力結集!市場調査結果を徹底解説


主催:一般財団法人 総合研究奨励会 フレキシブル医療IT研究会
共催:ERATO 染谷生体調和エレクトロニクスプロジェクト
チラシはこちら
開催日時 平成29年4月13日 (10:00-12:30) (9:30受付開始)
会場

東京大学 本郷キャンパス 武田先端知ビル5F

武田ホール

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html
113-0032 東京都文京区弥生2-11-16
東京メトロ 東大前駅(南北線)徒歩9分、東京メトロ 根津駅(千代田線)徒歩4分

参加資格 研究会会員で、特別セミナー参加登録をされた方。
(今回に限り、法人会員登録1件につき2名以上の参加登録が可能です。受付期間は2017年4月9日までです。)
参加費 無料

内容

講師:染谷 隆夫(東京大学教授、FMIT研究会主査)

●フレキシブルセンサの市場ニーズ

●スポーツ分野の動向

●福祉・介護の動向

●フレキシブルセンサの技術俯瞰

●ヘルスケア・医療分野の動向

●将来展望

たくさんの方にご参会いただき、盛会のうちに終えることができました。ありがとうございました。

ニュース

2017年4月13日

公開特別講演会と特別セミナーを開催いたします。⇒詳細はこちら

2016年11月8日

第11回フレキシブル医療IT研究会を開催いたしました。⇒詳細はこちら

2016年8月5日
第10回フレキシブル医療IT研究会を開催いたしました。⇒詳細はこちら
2016年6月2日
第9回フレキシブル医療IT研究会を開催いたしました。⇒詳細はこちら
2016年3月2日
第8回フレキシブル医療IT研究会を開催いたしました。⇒詳細はこちら
 

会員募集


研究会発足の背景

日本では少子高齢化時代の本格的な到来を迎え、国民の生活の質の向上や急増しつつある医療コストの軽減が急務の課題になっています。一方で、健康・福祉・医療分野においては、IT化が急速に進み、エレクトロニクスの重要性が増してきています。実際に、エレクトロニクス分野で、健康・福祉・医療のカテゴリーは2015年まで継続して毎年120%以上の成長が見込まれています(JEITA半導体部会2011年の調査による)。 エレクトロニクスは、これまでシリコンを中心とした硬い電子素材で作られており、ヘルスケアや医療用途のセンサーや電子回路もその技術を用いて発展してきました。今後、人との親和性が高いエレクトロニクスを実現するためには、人の肌に直接触れる部分などについて、柔らかい電子素材を活用することが期待されています。

研究会のねらい

本研究会では、以下の3項目をねらいとしています。
  1. 柔らかい電子材料を健康・福祉・医療分野に応用し、「フレキシブル医療IT」という新産業の創出を目指します。
  2. 柔らかい電子材料が、シリコンなど既存の硬い電子材料とどのように協働し、そして健康・福祉・医療分野にどのようなインパクトをもたらすかについて技術調査・市場調査を実施します。
  3. 異業種間や産官学間の情報交換の場を提供し、「フレキシブル医療IT」の方向性と可能性を見極めます。

調査対象の技術キーワード(例)

  • 導電性ゲル、導電性ゴム、ナノカーボン、有機半導体、導電性高分子など柔らかい電子材料
  • 高分子基材、バリア材、フレキシブル接合やコンタクトなどフレキシブル電子部材とフレキシブル実装
  • フレキシブルデバイスとプロセス
  • フレキシブルデバイスの電気的・機械的評価手法と標準化
  • フレキシブル・ヘルスケアセンサー、ウェアラブルエレクトロニクス
  • フレキシブルデバイスの医療イメージング機器への応用
  • インプランタブルエレクトロニクスと医療検査・治療への応用

研究会開催の形式

具体的には、「フレキシブル医療IT」に関連したテーマを取り上げて講演会形式の研究会を年に3回程度開催します。技術動向調査や市場動向調査に基づき、会員による密な議論を行います。また、定期的に研究交流会を開催して、異業種連携を促進します。

会員及び会費

本会の活動趣旨にご賛同頂き、かつご協力頂ける法人会員と個人会員を募集します。 (1) 法人会員 年会費5万円 2名まで研究会に参加できます(参加者の入れ替えは自由です) (2) 個人会員 年会費5千円 大学及び国公立の研究機関、官公庁等に所属する研究者等に限り、個人会員として参加いただけます。
  • 会員規約はこちらをご覧ください。
  • 2017年度の年会費については、2017年4月上旬に請求書を送りますのでお納めください。
  • 2016年度にお申し込み頂きました会員は、2017年度も自動的に会員継続となります。退会をご希望の場合には、所定のフォームで3月末までに事務局にお知らせください。
  • 年度は4月1日から翌年3月末までの期間となります。途中入会でも年間の会費をお納めいただきます。
  • 年度途中退会の場合でも、年間の会費の返却は行いません。
  • 下記ボタンより、法人会員/個人会員別にお申し込みください。
フレキシブル医療IT研究会 法人会員募集中
(個人会員も併せて募集しております)

研究会の会員の申し込みはオンラインからのみ受け付けています。

http://www.ntech.t.u-tokyo.ac.jp/fmit/kenkyukai_entry_houjin.html

(法人会員申込)

http://www.ntech.t.u-tokyo.ac.jp/fmit/kenkyukai_entry.html

(個人会員申込)

お問合せ


主査
染谷隆夫(東京大学 工学系研究科 教授)

問い合わせ先
フレキシブル医療IT研究会事務局 酒井真理(主幹研究員)
東京大学大学院 工学系研究科電気系工学専攻 染谷研究室内
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
TEL: 03-5841-6756
FAX: 03-5841-6709
URL: http://www.ntech.t.u-tokyo.ac.jp/FMIT/index.html
fmit_office@sogo.t.u-tokyo.ac.jp

追記
本研究会は、東京大学工学系研究科と産業界の連携促進を目的として昭和16年に設立された一般財団法人 総合研究奨励会内に設置された研究会として活動を行っています。総合研究奨励会についての詳しい情報は、ホームページをご覧下さい(http://www.erf.or.jp/index.html)。

関連リンク